<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
インド大陸出身の方ってグローバルな意味では

インド大陸出身の方ってグローバルな意味では
結構メジャーなんです。

―アメリカの留学生の出身地比率は、圧倒的にインド大陸が多いんですよ―



 日本人の認識で行くと、インド人はそれ程メジャーではありません。せいぜいカレー店の経営者とか、
近頃ではPC関連にやたらと多いとか、せいぜい其の程度の認識かと思います。
 だからどうなのかと言われると困るのですが、アメリカにもイギリスにも「語学学校」のレベルではありますが、
学校を経営しているインド大陸出身の方が見られます。留学生として、英語を学び、やがて語学学校を
経営してしまうのですから我々の感覚から言えば。ちょっと理解できませんよね。
多分皆さんも感覚的にはついていけない、と思います。学校を推薦するわけではありませんが、アメリカでは。

b0080738_12114624.jpg

Agape English Language Institute
 この学校の経営者の方はインド出身のもと留学生です。現在この学校は某、「留学雑誌」の表紙裏ページに
カラーの全面広告などを出稿しているぐらいで、そこそこ隆盛の様に思われます。
経営者の方は熱心なクリスチャンで、何年か前に私どもの関係教会にもお見えになっています。
私共同様に現地のミッション系ボランティアと連動していて、ホームステイ先はクリスチャンファミリーになります。
この学校についてお問い合わせがあれば直接お問い合わせください。
                   


b0080738_12164090.jpg
b0080738_1216597.jpg
イギリスではまずこの学校を挙げなければならないでしょう


Mayfair School of English
経営者はバリバリのバングラディッシュ移民です。同じくロンドンの格安校として名を売った
PRINCES COLLEGEの女性校長とは某「有名語学学校F○○校」で同級生だったということです。
スタッフにも同じバングラディッシュ系の人もいるようです。
 潰れてしまいましたが、PRENIER COLLEGEの経営者も何処の国かは不明ですが、インド大陸系でした。

 日本人が経営に関わっている学校の話は2、3聞きますが、オーナーとなると少なくとも表立ってはいません。
ジャパンセンターのお客様は日本人ばかりでしょうから、番外といったところです。
 このように見てくると。国際性という意味ではインド系の方々の方が日本人よりメジャーなのかもしれません。
それに彼等の場合は日本人留学生の場合と異なり、語学留学の比率がそれほど多くないのでしょう。
 21世紀は中国とインドの時代という人もいます。我々日本人も負けない様にがんばりましょう。

 私共も、留学される方がご自分の将来を留学の延長線上に描けるように応援していきたいと思います。
インド大陸出身者の方々と比べると我々日本人は大きく、ハンディーがあります。
なぜなら彼らの母国は長い間、「大英帝国」の一員として、様々の要素・状況を欧米諸国と共有して来たのですから。
ところで、上に揚げた国旗、何処の国か分かりますか・・・?

[PR]
by futuregate3 | 2006-09-30 12:17
<< 英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅱ) 英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅰ) >>