<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅵ)

英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅵ)
―今度は内部抗争です。その名も薔薇戦争。―
でも,これは後世の創作、当時から、そのように呼ばれていたわけではありません。


b0080738_12271751.jpg

↑ランカスター家の紋章

b0080738_12273357.jpg
 
↑ヨーク家の紋章


『百年戦争』のさなか、イングランドでは一大内乱が起きます。百年戦争をはじめたエドワード3世の孫に当たる、
リチャード2世の時代です。これがやがて1400年代半ばからの『薔薇戦争』に繋がって行きます。
この時の事件はイングランド王朝の重鎮で親戚筋のランカスター公家の勢力を削ごうと、リチャード2世から
仕掛けたものでしたが、反対にランカスター家の跡取り「ボリンブロク」の反撃にあい、王を退位させられました。
ボリンブロクはリチャード2世に変わり、ヘンリー4世として即位しました。1399年のことです。
此処で王朝は変わり、『ランカスター王朝』になります。

一方『百年戦争』は、と言うと、一進一退を繰り返した戦況も1453年にはイングランド軍はフランスから
完全に駆逐され、その終結を迎えます。この最終局面であの『ジャンヌ・ダルク』も登場しますが、
このお話は次回とさせていただきます。

『百年戦争』後期と平行してイングランド内部の内乱は続きます。フランスでの戦況の悪化とともに、
「ランカスター朝」の基盤は揺るぎ、同じプランタジネット朝の傍流である『ヨーク家』が王権に反旗を翻し、
『ランカスター王朝』対『ヨーク家』の内乱が30年ほど続くことになります。1455年のことです。

『薔薇戦争』は『百年戦争』終結の2年後に始まりますが、それまでのイングランド国内の内乱状態は
『百年戦争後半』の50年ほどは完全に重なっています。
イングランドは、当時、右を向いても、左を向いても、『戦いの明け暮れ』だったんでしょうね。

今日言われる「紳士の国イギリス」なんていわれるイメージとは,「チョット』違っていたようです。
両家の紋章から、「薔薇戦争」と言うと何かロマンティックな感じもしますが、これは構成の創作。
ただの親戚同士の権力争いで、「ロマンも何も」あったものではありません。

[PR]
by futuregate3 | 2006-10-08 12:33
<< 英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅶ) 英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅴ) >>