<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅷ)

英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅷ)―薔薇戦争=そのⅡ―
―敵,味方離合集合を繰り返した、血みどろ30年間にわたる、内乱―
―「ランカスター朝」、「ヨーク朝」、「テューダー朝」と続く,大内乱―


 シエクスピアの8本の史劇にも取り上げられているように、ランカスター家とヨーク家を中心に、
30年間にわたり「血で血を洗う」内乱が続きました。
「裏切り」あり、「陰謀あり」、「何でも」あり、『陰惨を極めた』30年間です。一つ一つ歴史の事実を追っていっても、
皆さんが混乱するぐらいに目まぐるしいので、事実を追う仕事は他の場所にお任せするとして、「陰謀」あり、
「画策」あり、「裏切り」あり『戦いに明け暮れた』、30年間は、王位の継承も「ランカスター朝」と「ヨーク朝」との間で
まるでキャッチボール状態でした。繰り広げられた権謀術策の限りを尽くした、貴族たちの人間模様は
シエクスピアの序曲にぴったりのテーマであったでしょう。

闘争の密度から言うと『百年戦争』をはるかに、凌ぐものがあった様です。事態をより複雑にしたのは、
イングランドの被征服地であったスコットランド、ウエールズなどの状況は必ずしもイングランドと同じではなく、
両勢力の盛衰も多少のタイムラグが存在していたことです。ただ方向性としてはヨーク系に
有利に推移していたのですが・・・・。
             

b0080738_113599.jpg

↑ヘンリーテューダー『へンリー7世』


しかしこの戦いも思わぬ方向で終結します。当時、暗殺を恐れて、フランスに亡命していた
『ランカスター家』最後の男子継承者である「ヘンリーテューダー」がイングランド国内の混乱に乗じて
イングランドに侵入し、戦いの後、1509年「ヘンリー7世」として即位し、『テューダ朝』を開きました。
ヘンリー7世の母親の問題で、彼には正統な王位の継承権がないとの主張があり、それを理由に
15年近くにもわたり内乱が相次ぎ、国内は混乱しましたが、「へンリー7世」が結局辛抱強く、
王権を確立し、テューダー王朝のもとを確立しました。

 日本の戦国時代どころの話ではないですよね。でもこれは全体のほんの一部です。
スコットランド、ウエールズを巡る抗争・戦いにはまだ触れていません。
戦いがダラダラといつまでも、続きます・・・・。どうです。イギリスのイメージが少し変わってきましたか?
本当に「血なまぐさい国」だったんですよ。

[PR]
by futuregate3 | 2006-10-10 11:08
<< 「種としての国民」と「自らのア... 英国の戦争の歴史シリーズ(Ⅶ) >>