<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
『有給インターン』、『無給インターン』って何?

英国のインターンシップ・プログラムって何か変
厳密に言えば、語学留学レベルでのインターンシップなんて、英国にはありません
『有給インターン』、『無給インターン』って何?


インターンシップ制度そのものはイギリスの大学生の就職活動のなかで定められたシステムで、
基本的に有給で行われます。この制度を採用している大学が卒業する3年生になる前の春休みに、
学生の採用に際して、インターンシップ制度を行っている企業に対して、大学が学生たちを斡旋するものをさします。
また語彙的にもInterneは準採用をさします。6ヶ月以上の留学生のアルバイトの認められている
英国ではこの辺がファジーに表現されている傾向にあります。イギリスでも年々就職戦線は厳しさを増し、
新興の大学にこの制度を採用する学校が増えています。このあたりの事情はブリティッシュカウンシルの
ホームページ※
に詳しく乗っていますので読んでください。

b0080738_12183733.jpg

         
よくワークエキスペリエンスをインターンシップの通称として説明されることがありますが、この両者に
ついては特インターンシップが教育制度上確立されている英国ではそのシステム・また語彙的な意味でも、
完全に別物といえると思います。
 それでは語学留学プラス有給インターンシップ、あれは何なんでしょうか。今、語学粘性留学プラス
『ホテルインターン』
と言うプログラムがあるとします。書き換えると語学留学プラス『ホテルでのアルバイト』
・・・とこうなります。英語力さえあればホテルでのアルバイトも可能な英国では、プログラム費も・・・。
現実にホテルでのアルバイトを200ポンド程度の費用で斡旋してくれる語学学校もあります。
有給インターンのアレンジ料で何十万も払うのはチョッと高いかも・・・。
でも、面倒くさがりの人には良いかもしれません。要するに、『インターンシップのようなもの』なのです。

「ワークエキスペリエンス」プログラムは無給になります。したがって、本来は、6ヶ月未満の
短期留学生向けのプログラムです。なぜかと言うと、長期留学生ですとアルバイト代を払わないといけませんから・・・。
結論としては英国で『インターンシップ』と言うと、大学生の就職活動のひとつの方法なんです。
皆さんに紹介される、イギリスのインターンシップは少なくとも制度的に保障されたものではありません。


BCのホームページでの該当のページアドレス
※【http://www.britishcouncil.org/jp/japan-trenduk-willing_to_work-3.htm

詳しくはお問い合わせください
[PR]
by futuregate3 | 2006-12-16 12:26
<< 赤いアメリカ、青いアメリカ 火花を散らす、英米オーペア合戦!! >>