<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
英国公立カレッジって、大学ですか?

英国公立カレッジって、大学ですか?
大学ではありません、「高等専門教育機関」といった性格のものです。


英国の公立カレッジを米国のコミュニティーカレッジと同様な性格のものと認識されている方が、
結構多いようです。この両者は似通ってはいますが、基本的な性質はまったく異なるものです。
今回は、英国の公立カレッジに関してご説明しましょう。
米国のコミュニティーカレッジは、明確に連邦教育法に基づき大学教育の中に組み込まれています。
確かに、カレッジのコースは、大学編入コースと職業訓練コースとに分かれますが、
準学士号の取得、4年生大学への編入権など明確に大学教育の一翼を担うものです。
これに対して、英国公立カレッジは次のようなものです。


英国の公立カレッジは、義務教育を終了した地域住民の教育・トレーニングサービスを
提供する機能を持つ教育機関です。その機能は以下に記す内容になります。

b0080738_1113249.jpg

              
GCSE,ASレベル、Aレベル、などの資格取得を目的とする高等教育コース
大学進学者を対象とする大学アクセスファンデーションコース
職業訓練コース【所謂、ディプロマ取得コース】


特に、1年間もしくは2年間で専門資格取得を目指す職業訓練コースは、その実践的な
カリキュラムに特色があります。

職業訓練コースに正規に入学するための英語力のめどは、IELTS, 5.0~5.5、TOFEL
【ペーパーベース】で500~530【コンピュータベースで173~197】となります。
アメリカのコミュニティーカレッジ正規留学と比べてやや低いかなという水準です。
ただ、米国のコミュニティーカレッジへの正規留学は、4年制大学への編入の道がひらけますが、
英国の大学進学のために必要な英語力はより高いものが要求されます。

 つまり、英国公立カレッジの持つ初機能の中で、大学進学は非常に限られたものである、
と言うことがいえるのです。英国の公立カレッジには大学への編入機能はなく、飽くまで
ファンデーションコースが設置されているに過ぎません。

 近年アメリカのコミュニティーカレッジの集中英語コース同様、英国の公立カレッジのそれが、
注目されています。別のところで触れましたが、カレッジにとり収益事業の性格の強い場所、
地域によっては方言せいのきわめて強い地域にある場合など、選択の難しい対象といえます。
専門コースのあるなしでカレッジを選ばれる、『語学研修プラス』の方が多いようですが、
サービス面その他の要素で問題が出る可能性のあるカレッジも実際は多いようです。
アメリカと比べ、日本人スタッフもほとんどいませんので、下mm地での自主的なアレンジも
難しい面があります。学校についてのデータのみでなく慎重に総合的に選ばれることを
お勧めします。


  詳しくはお問い合わせください
[PR]
by futuregate3 | 2007-02-22 11:07
<< 高校中退者のアメリカコミュニテ... 『NPO』って何?-アメリカで... >>