<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
SEVISについてよく分らないという人が多いようです

SEVISについてよく分らないという人が多いようです


2004年9月1日以降SEVIS費 : $100 が、I-20やDS-2019でアメリカ留学(F1/M1/J1)
を申請する場合、アメリカ大使館・領事館でのビザ面接の前までにSEVIS費の支払いが
義務付けられるようになりました。
 SEVISとは、"Student and Exchange Visitor Information System" の略称です。
テロなどの頻発する昨今、大量に外国から米国に流入する、留学生などを情報管理するために
生まれた管理システムです。
この費用は米国内の国土安全保障省(DHS=Department of Homeland Security)
にビザ申請前に支払い、ビザ申請手続きの際には支払い証明を提出しなければなりません。
大使館で払うことはできません。 費用は少なくとも面接日の3日前(休館日を除く)に手続き
されていなければなりません。この費用は払い戻すことができません。
b0080738_10262244.jpg
        
その内容は以下のようになります。

1)対象者は?
2004年9月1日以降発行されるI-20やDS-2019でF-1、J-1、M-1ビザを申請する人になります。

2)支払い免除対象者は?
F-2、M-2やJ-2ビザなどの家族用ビザ申請者は免除。
米国政府がスポンサーとなるプログラムに参加し、プログラム番号がG-1、G-2、G-3で
始まる人の場合は免除となります。

3)SEVIS費用は?
SEVIS費用は100ドルです。ただし、特定の短期交流訪問者プログラム(オペアプログラム、
夏期就労・旅行プログラム、キャンプカウンセラー等) に参加する場合、費用は35ドルです。

4)支払い期限および方法は?
5)支払い方法:
郵送による支払い、または、インターネットによるオンライン支払い方法があります。
オンラインで支払うと、支払い証明が自動的にメールで送られてきます。
後日郵送でも送られてきます。

6)ビザ申請の度にSEVIS費用が必要ですか?
SEVIS費用は学生または交流訪問者が参加する各非移民プログラムのための1回限りの
費用です。同じプログラムに参加するためにビザを再申請する場合はあらたにSEVIS費用を
払う必要はありません。
ただし、異なるプログラムに参加するためにビザを申請する場合は必要となります。

7)SEVIS費用の領収書の有効期限は?
12ヶ月間有効です。ビザが許可にならなかったため再度同じプログラムでビザを申請する
場合は、SEVIS費用を払ってから12ヶ月以内であればその領収書を使うことができます。
[PR]
by futuregate3 | 2007-03-04 10:28
<< 英国のワーキングホリデ― 英国のオーペア制度 >>