<a href="http://futuregate.exblog.jp/">futuregate.exblog.jp</a>
<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ピーナッツバターの話(余計なお話)-本物文化、アメリカ(Ⅰ)-
b0080738_1173793.jpg

b0080738_1115451.jpg

前回、ピーナッツバターのお話を書きました。大変、逸品だと思っているので、少々ご説明します。
あまり見かけませんが、輸入食料品のお店で見かけられたら是非、ご賞味ください。製品名は
「Organic peanut butter  crunch-type」「Adams peanut butter creamy-type」です。
アメリカでは有名な商品ですから、国内でも輸入食品のお店で見つけられると思います。
一応、写真を載せておきますので、参考にしてください。

 現在われわれの周りにはピーナッバターと称するものが、かなり広範囲で売られています。日本製のピーナッツバターの共通点としては「水飴」などの練り甘味料が添加されている点でしょう。あくまで甘く、「ねっとり」しているのがわが国のピーナッツバターです。

 最もアメリカのピーナッツバターも「ねっとり」していますが、すこし意味が違うようです。
購入し、未使用のままピーナッツバターの詰められたビンを観察すると、ピーナッツを粉砕し,
添加物なしの練り上げた成分から、粉砕し、練り上げる過程で抽出された、「ピーナッツ油?」に分離しています。

 さてビンを空け、一口なめてみると、生まれてこの方、持っていた「ピーナッツバター」のイメージが壊れていくのが分かります。
 日本国内で販売されている「ピーナッツバター」は所謂、「ピーナッツバターらしきもの」であって、ドレッシングの材料や、調味料に使われる、「ピーナッツバター」が何物であるかが分かります。
基本的に甘くはありません。エルビス・プレスリーは、ピーナッツバターを塗ったドーナッツの食べすぎで急激に肥満し、死んだと日本で報道されました。
「日本でパンに塗りまくって」食する「ピーナッツバター」しか知らないと、プレスリーは甘味大好き
人間で、ドーナッツにピーナッツバターを塗りまくった挙句、肥満して死んだという風に少し陳腐に
イメージされます。
日本で言うと、饅頭を食べ過ぎて死んだことになりかねません。

 「ピーナッバター」そのものは甘くありません。ひたすら、ピーナッツ本来の香りと共に、「深い味わい」です。栄養価もとても高いもののようです。高級食材の面持ちです。

 プレスリーを「かばう」わけではありませんが、彼は日本で言うところのグルメで、
「ピーナッツバター」に「はまった」のだと思います。彼はわれわれのイメージとしては
「饅頭の食いすぎ」で死んだのではなく、「キャビアの食いすぎで死んだ」のに近いと
思わずイメージしてしまいます

 日本で、1000円近くするものが、アメリカのスーパーのセールでは200円しません。
確かに、たかが「ピーナッツバター」です。しかし、されど「ピーナッツバター」です。
日本とアメリカの文化・生活を考えるとき「安くて、おいしいものを食しているアメリカ人の食文化」
から始まる国民性・生活文化と「安いものに、おいしいものが少ない私たちの食文化」
の違いを体感していかないと
本当のアメリカ文化に本質的には近づけない部分も出てくると思います。

・・・考えすぎですかね。食文化が生活文化の基本ですから・・・・。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-31 11:32
アメリカの物価は高いの、安いの?
海外に興味のある人に聞いてみると、アメリカの物価って高いというイメージがあるみたいですね。
実際、留学先を選ぶ段階で、「アメリカは高い」から他の国の学校を検討するという方が
多いようです。
でも、私は「アメリカは物価が安い」、少なくとも生活感覚的にはそう思います。
ニュージーランドなんて、安いイメージがありますよね。でも語学学校の授業料の水準は
かなり高いと思いますよ。
円換算で年間授業料が、100万円近くする学校が結構多いです。
生活費が安いといいますが、アメリカのカレッジの寮で食事つきの滞在をする場合よりは
かかります。
第一、年間授業料が50万円前後の学校を見つけるのにそんなに苦労しません。
そのように考えていくと、アメリカの物価ってどうなんでしょうか。
アメリカは物価が高いから注意するようにとアドバイスする「留学カウンセラー」の方も
多いようです。

結論から言うと、私は留学生にとっては「少なくとも日本の都市部で暮らすより、
ずっと暮らしやすい」と思います。

■生活必需品は間違いなくアメリカは安い。
生活必需品については、間違いなくアメリカの方が安いと思います。
生活必需品って何というご質問であれば、衣料であれ、食料品であれ、生活雑貨であれ、
所謂、「スーパー」で売っているものはかなり安いといってよいでしょう。
極端に言えば日本の何分の一というよな物が、ざくざくあります。私の愛用しているピ-ナッツバターは、日本で買うと1000円ぐらいしますが、
(添加物の一切入っていない、純正品?ですけど)、アメリカでは200円しません。
紅茶もハーブティーも日本の半分くらいです。
第一こういった生活必需品には前に触れた「消費税」が課税されません。
日本では「安かろう=悪かろう」の傾向がありますが、アメリカでは品質は維持されていると思いますよ。

■フリーウエイは何の道?
フリーウエイは「自由への道?」なんて、ご存知のように無料のハイウエイのことですよね。
日本では青森県あたりから九州まで高速道路を使って行くと、40,000円弱はかかります。
新幹線を使えばもう少しかかるでしょうか。アメリカでは西海岸から大西洋岸まで走っても、
シアトルからマイアミまで走っても、ただ、です。
移動の自由が確保されているということは、単に経済面だけではなく、個人にとっても大きな要因になります。
所謂「アメリカンドリーム」の大きな根拠にもつながるものです。
「留学生には関係ない。」いえ、高速バスを使ってのアメリカ国内の移動は、
「めちゃ安い」ことになります。ガソリン代はリッター、40円ぐらいです。
実はこのことが姉李下の物価の安さを支えている大きな要因なのです。
日本では輸送コストが物価に大きく、影響します。
輸送コストのことを考えたら、アメリカは日本の何分の一、かでしょう。

■家賃は日本並み
都市部での家賃は、世界的に高くなっています。アメリカの都市部の家賃も日本の大都市並です。でもアメリカで救われるのは部屋が日本と比べるとかなり大きいこと。ロンドンなんか日本の1DKよりまだ狭い空間が、東京並みの家賃ですから・・・・。

■カレッジの寮生活は住居費としてはかなり割安。
その家賃に関しても、留学生に取りうれしい情報があります。
カレッジなどのESLに通うとして、寮の居住するという手があります。
一般に食事込みで年間50万円程度の経費の場合もあります。
設備的にも家具つきで、諸設備も整っています。
都市部から30分程度距離のあるロケーションにあるキャンパスですと、寮が整備されているものもたくさんあります。

「自由の国アメリカ」には規制に縛られない、多くの選択肢があります。
留学生の方々も事前の認識を高めて、「賢い選択」をなさば、「アメリカの物価」は安いと断言でき、
本当の「高品質・格安留学」が実現できます。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-27 15:52
無料で、ホームステイが出来ます!! 嘘のような本当の話(Ⅱ)
ホームステイというと今ではあまり評判のよくない、アコモデーションの代名詞になっている
傾向がありますよね。

それは、本来のホームステイとは別に、サイドビジネス・副業的なホームステイが
留学人口の増加に伴い増えたからです。

本来、ホームステイはとりわけアメリカのホームステイはNPO団体、キリスト教団体の
ボランティア活動の一環という側面が、ありました。これらは原則的には無料もしくは
それに近いものでしたし、現在も実はそうなのです。
希望者に提供されるときは何故か、相場並みの有料になります。

私どもでは、こういったルートで数的に限定されますが、一定の条件付で
「アメリカ無料のホームステイ」をご提供できます。
シアトルなど地域的に限定されますが、留学費用の中で一番大きな比重を占める
滞在生活費の全部もしくは殆どが無料となり、良心的なステイファミリーとの生活が経験でき
彼らの生活・文化およびそのバックボーンに対する理解を深めることができます。

何点かの確認事項・事前審査がありますので、詳細につきましては、お問い合わせください。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-19 13:01
70万円台で1School Yearの条件付・正規留学・・・・
70万円台で1School Yearの条件付・正規留学
               が可能な公立コミュニティーカレッジ
                       が、あるという嘘のような本当な話(Ⅰ)


アメリカは広いですね。
70万円台で、1School Year(9ヶ月間)の授業料・教材費・滞在費がすべて含まれる
プログラムがあるんです。
いかがわしい話ではありません。れっきとした公立のコミュニティーカレッジの話です。

 予算はないけど、兎に角アメリカで学びたい方、一度検討してみてください。
少々田舎ですが、TOFEL(ペーパー475で条件付、500で正規入学)のスコアーさえ
確保できれば、あなたもアメリカでの大学生生活をスタートできます。
スコアーの足りない方は、格安ESLとの組み合わせ留学も可能です。
アメリカ中西部の田舎町にある、生徒数1000人足らずのカレッジですが、
普通の公立カレッジと何にも変わりません。留学生の受け入れ実績も歴史がありますから
何にも心配ありません。

週18食を基本とする、設備の整った寮生活になります。
環境的に勉強漬けになるでしょうが、とにもかくにも、アメリカで学びたい方お問い合わせ
ください。
興味のある方、詳しくはここをクリックしてお問い合わせください。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-18 11:36
アメリカ、電話事情
一番経済的なのはなんといっても、「IP-フォン」を利用すること。
ご存知のように「IPフォン」同士のデンエアは国内、国外を問わずに100%無料ですね。
でもアメリカで自分の電話を引くこと自体が結構面倒なので、現実の問題として
一般的検討課題としては「ホーンカード」の賢い使い方ということになる。
これはスーパ―などで、簡単に入手することが可能。
カードの値段は、5ドルから。

値段会社によりかけられる時間がぜんぜん違ってくるから購入に際しては注意が実用です。
それよりもカードの種別使用目的に分かれた使い方が題字になります。
それを知らないで、留学カウンセラーのカードを使っての日本との通話の勧めを鵜呑みにし
何でもかんでもカードと思い込んでいる方が多いと思います。

カードは2種類あるんですよ。

カードには、”CONNECTION CARD””NON-CONNECTION-CARD”とがあります。
コネクション・カードはつながるたびに基本料金がかかるものです。
でも通話料はお手も安く、10ドルカードで1,000分弱も話せます。
ノンコネクションカードは基本料金はかかりませんが、通話料は少し高くなります。
つまり使い分けが大事になってきます。
長話をしそうなときは「コネクションカード」チョコチョコ頻繁にかけるときは
「ノンコネクションカード」という具合です。

現在国際デンエア機能を殆どの携帯電話が持ち始めています。
携帯電話会社や国内のフォーンカード会社と提携している留学業者が増えています。
でも国内のものは 安い、安い、といっても現実かなり割高です。
欧米ではインフラが減価償却されているのかどうか知りませんが、通信費は日本と
比べてめちゃめちゃ安くなります。
PCにチャット機能を設定すれば、殆ど費用なしに、お互いに顔を見ながら会話することも
出来ます。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-16 15:26
国民健康保険が海外で使えるって知ってました?
国民健康保険が海外で使えるって知ってました?
               それも、何年も前から

 私の4年ほど前のお客様のB子さんの話です。
彼女まその頃、留学を検討し始めたばかりで、留学までの流れが知りたく、
ある大手業者の留学説明会に出席した時の話だそうです。
当時彼女は、留学については何も分からず、まずは基礎知識をと、その業者の主催する
説明会に出たそうです。

 最初は出席者全体で業者側の説明を聞くという形でした。
一通り全体説明が終わり、いよいよ、個人で、アドバイザーとの個別面談の時間になりました。
Bさんはこの機会に出来るだけ疑問をなくそうと、質問の要点を書いたメモを持って、
個人面談に臨みました。

 とても感じのよいカウンセラーだったそうで、Bさんの基本的な質問に丁寧に答えて
くれたそうです。

 いくつ目かの質問でB子さんは、こう質問しました。

「海外の医療費は日本の国民健康保険を適用することは出来ないのですか?」

カウンセラーの人は優しく微笑むと、こう説明しました。
「国内と外国とでは当然医療保険システムが異なります。したがって日本の国民健康保険を
外国での医療に対し、しようという考え方は少し無理がありますね。民間の保険会社でも
海外での保険は国内のものと商品分け、しているくらいですから」
カウンセラーはB子さんを優しく、諭すように説明してくれました。・・・・・・

”ちょっと待ってください。この説明、間違いなんですね!!”

2001年からですから、もう、かれこれ5年になります。
日本の国民健康保険は海外で医療を受けた場合、帰国後国内で一定の申請をすれば、
保険給付金が支給されるようになっています。国内の給付基準に従って支給されます。
民間保険会社の留学生保険では適用外とされている、歯の治療も国保の適用基準内で
OKです。
但し、国保ですから「キャッシュレスの治療システム」はないですよ。・・・念のため。
それ程、難しい手続きではありませんので、ご安心ください。
過去にさかのぼって保険の至急申請も条件によっては可能です。
たびたび書いていますが、この水準まで把握していれば、Aの上か、中かは分かりませんが
ある程度安心できる留学アドバイザーといえるかもしれません。

 ところで、英国にはNHS(国民健康保険)がありますよね。
その加入条件なんですが、フルタイム受講で6ヶ月以上滞在が条件という業者さんもいますし
1年以上の滞在が条件という業者さんもいます。(人気のF社)。
いったいどちらが正しいのでしょうか。数の上では6ヶ月以上説が(有利?)なようなのですが。

 何度も言ってますが、留学業界の「専門性」はこんなものですよ。  

お問い合わせの方はこちらをクリックしてください。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-14 16:21
イギリスに留学する際に
「イギリスに留学する際に、日本の運転免許証を持参すれば、
 イギリスの運転免許証に切り替えられる」って知ってました?


 「留学時には、予め国際運転免許を取得する」、これ留学の際の常識になってますよね。
ところで、イギリスでは、一定の手続きをするとに品の免許証をイギリスの免許証に
切り替えてくれるのです。

 手続きは郵便局で申請書をもらい、日本領事館の証明書を添えて、DVLA(注1)に
申請します。費用は、日本円で2,000円と少しかかります。
(注1)=英国運輸省

 国内で国際運転免許を取得しておいたほうが、現地にいってなれない環境で
手続きを進めるより、「ベターでは?」という方に、イギリスの場合、現地で取得することの
メリットをお教えしましょう。

 留学経験者の方々に「イギリスに留学して、困ったことをあげていただくと
身分証明で苦労した、という方が長期滞在になればなるほど、意外に多いのです。

 部屋を借りるとき、電話を引くとき、銀行口座を開設するとき、イギリスでは日常的に
身分証明が必要になります。
例えば、「学生用に限定されていない、条件のよい部屋を新規に借りる場合、
こちらの身元を確認するため、公共料金の領収書が必要な場合が結構あります。
部屋に電話があれば、自分宛のその領収書があればよいことになります。
自分名義の電話を部屋に引こうと思えば、身分証明が必要になります。」というような具合です。
よくみられるのが身分証明を、2つ以上要求されるケースです。
こんな場合、「住居などを明記した身分証明書」になる物は出来るだけたくさんあったほうが、
「日常の中で、留学生として限定された範囲で窮屈な選択の幅から抜け出して、より広い選択権を持つ」
事が出来ると思います。
その事が、より経済的な、より選べる幅の広い、有意義な、留学生活を送ることに
つながるのではないでしょうか。

 通常、留学生が外国で「留学生活」を送るということは、「市民生活を経験する」ということとは
若干次元の異る事なのです。
学校に通い、留学生に対応可な宿泊施設に滞在し、学割をはじめとする、留学生に対する
優遇を受益し、留学生にとり、セットされた「留学生活」を経験することになります。
「留学生」としてではなく「長期滞在者」として、出来るだけ、市民生活の日常に触れる機会を
増やす必要があるでしょう。
そうしてこそ留学を通して得るものの質が大きく変わってくるでしょう。
「長期滞在者」として、留学期間を過ごしていく上で「英国の運転免許証」を所持されて
みたらいかがですか。

手続き的に若干複雑です。詳しくはお問い合わせください。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-13 13:34
アメリカの消費税(Sales Tax)
● 訳がわからない、アメリカの消費税
 アメリカの消費税のシステムは日本とはまったく違います。日本では品目に関係なく日本中、
5%の消費税率ですよね。アメリカではこれがまったく違うんですね。
 どう違うかというと、基本的には品物によって、地域によって異なってくるのです。
しかも消費税率が週ごとに定められていて、郡、都市、など地域ごとの消費税率がそれに
上乗せとなります。

● 生活必需品には課税されません
パン、肉、砂糖、塩、ミルク、トイレットペーパーなどの物品には消費税は課税されませんが、
ヨーグルト、清涼飲料水、お菓子、酒類、装飾品、航空券、ツアー参加費用、外食、などは全て
課税対象となっています。

● 州消費税・地方消費税は場所によりすべて異なります。
 例えば、オレゴン州の州都ポートランドでは地方消費税がありません。以前どこかの留学センターの学校案内でポートランドは消費税がないので生活しやすい、と書いてありました。
8%程度の州税(State Tax)はありますから、日本の国内感覚から言うと、誤解しますよね。
 前にも書きましたが、一般的な留学カウンセラーの「専門性」はこんなものです。
彼らもよく知らないのですから、嘘をついている、わけではないと思います。

●米国ではガソリンに消費税はかかりません。
1リットル、0.3ドル弱ですから、しかも消費税はかかりません。
アメリカでは車は生活必需品ですから。日本のガソリン代は「キ○ガイ」沙汰です。
 日本国内で今消費税のアップについて議論されていて、外国より高いの、安いの、言われていますが、基本の物価が、ロンドンあたりと肩を並べて高く、無差別に課税されるなど・・・。
どうなんでしょうね。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-12 10:28
留学業界、常識のうそ
イギリスのエントリークリアランス(入国査証)を取得する場合
   週15時間以上のフルタイム授業を申し込む必要があるって本当?



多くの留学関係の雑誌記事・ホームページには上のように書かれています。
多くの留学カウンセラーも皆さんの質問にはこのように答えると思いますし
またこれが、ビザ取得に関する正しい情報と認識されている方も多いと思います。
 でも上の表現は正確に言うと、英国大使館・イミグレーションの公的規定とは少々違っています。
皆さんによく紹介されている、エコノミークラスのうちのいくつかは週の授業時間が
15時間以上であっても、原則的にビザ取得の対象になりません。

 ビザはその国の存外公館【英国大使館】が本国の入国管理セクションに対して
「この留学生をわが国に入国させて大丈夫です。」
と確認した公的証明の様なものです。
 従って、イギリス滞在の許可に関する根拠にはなりません。
ここ2~3年でイギリスでは語学学校の「大型倒産?」が2件(それ以外にも閉鎖した学校が多いようです)ありましたが、所属していた生徒は、学校としての滞在根拠を失った
という理由で一定期間のうちにイギリスから退去するか、新たに学校を申し込むかを
イミグレーションから要求されました。

 入学許可証には受講内容の詳細が記載されていない場合も多くあります。
「paid in full」=「授業料は取得済み」の記載がされていなくてもビザは発給されます。

 これ以上の内容については此処では詳しく触れません。
ただビザが発給されて無事イギリスに入国することと、イギリスに何の問題も無く
滞在できるかどうかは別問題ということです。

 何も無ければ、そのまま運よく滞在期間を完了される方も多いと思います。
問題は何かあったときです。
この仕事をしていると、日常的にいろいろな問題が多くの留学例の中で起こっていることがよく。
とてもリスクのあることと思います。

 皆さんの、留学エージェントをチェックしてみてください。
上の件について詳しく説明できない業者は避けたほうが賢明でしょう。
詳しくはお問い合わせください。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-11 10:40
ホームステイ先のママさんは怖かった・・・? 【後編】
次のトラブルはこの事件からそれ程、日数のたたないうちに起こりました。
トラブルというより、トラブルになってしまったことなのですが。
 
 双方に気まずさは残したものの、「お食事、事件」は一応の落着を見ました。
この段階ではAさんも気を取り直して、一からやり直そうとした形跡があります。
以前にまして、いろいろな面で活発さが前面に出てきたように私には聞こえてきました。
そんなある日、気分転換のつもりもあったのでしょう。
彼女は一人でダウンタウンに出かけました。此処で若干の問題が隠されていたと思います。
彼女はまるで東京の渋谷に出かける程度の気持ちと準備とでダウンタウンに出かけていったのです。
ブランド物の洋服に身を固め、ブランド物のバックを持ってです。
このことはある意味「私はスリなどの被害希望者です。」という看板を背負いながらの
イデタチで、雑踏の中の危険地域に出かけることを意味しています。
Aさんが、気がついたときには、ブランド物のリュック式のバックは大きく切り裂かれ
バックの中の小物入れ兼財布は見事に抜き取られていました。
現金、カードなど一切とステイ先の家の鍵などが抜き取られていました。
カードなどは現地のエージェントの努力で紛失届けを比較的早く紛失届けを出すことが出来ました。
現金も被害届を出してもらい保険の適応内でどうにかなりました。
後々の問題の原因であり、Aさんが一番深刻に受け止めたのは鍵の紛失でした。
Aさんの脳裏にまず浮かんだのは、「お母さんの立腹した、顔を真っ赤にした鬼の?形相」でした
「まずい、また怒られる。」の想いが彼女の頭の中一杯に広がりました。
コミュニケーションの取れない相手に対し、自らの過失から、何とか逃げ出したい
気持ちでいっぱいだったのでしょう。
どう、対処しようという思いより、どう、この現実から目を背けよう、の気持ちからだったのでしょう
実は鍵の紛失は1週間近く彼女の胸にひめられ、お母さんはおろか、私どもにも伏せられていました。
そしてこのことが問題をより拡大してしまったのです。
鍵の紛失自体どうでもよい問題ではないにせよ、時々は起こる、極めてまれに起こる事件というわけでもありません。
鍵を紛失したら、その旨を速やかに報告し、鍵の保障料(小額です。)を払い、スペアーキーを
作ってもらう、のステップで大体終了します。
出来れば紛失をわび、反省の気持ちを相手に伝えることも大事です。
Aさんの頭の中には、状況をこれ以上悪くしたくない、という思いだけがあったようです。
Aさんは鍵の紛失を隠したままにしました。
ホームステイ先から外出するときは最後にならないように、気をつけました。
そのようにして2.3日が経ち、とりあえず何事も起こらないで,すみました。
しかし悪の日はすぐやってきました。
その日、Aさんは朝寝坊してしまいました。急いで学校に行く準備を済ませたのですが、
そのとき家にはもう誰もいませんでした。鍵はAさんの手元にはありません。
Aさんのホームステイ先は閑静な住宅地です。
内も怒らないような閑静な住宅街の真ん中にあります。
Aさんは決断し鍵を閉めずに外出してしまいました。
その後に、訪問者があったわけでもなく、泥棒が入ったわけでもありません。
いえ、それ以上にAさんにとり最悪の事態になってしまいました。
「お母さん」が外出から帰ってきたのです。ドアーに施錠されていないことを知ると、
「お母さん」の犯人探しが始まりました。
それでも、Aさんは本当のことを言えず(勿論、英語でどのように説明したらよいのかも分かりませんでした。)、
「お母さん」の真相調べの嵐が過ぎ去るのを、首をすくめて、じっとまっていました。
犯人の分からないまま、当然の成り行きですが、鍵の所在確認が始まりました。
Aさんが犯人であることはそれ程時間を要せづ、「お母さん」の知るところとなりました。
後はどうしてこうゆう事になったかの状況説明、と叱責の嵐がAさんを待っていました。
英語の殆ど出来ないAさんにとり、このことは非常に厳しい時間だったようです。
また、Aさんが的確に説明できなければ出来ないほど、「お母さん」のいらだちはましていったようです。
以上が、外国でAさんが擬似ノイローゼに陥るまでのプロセスです。
此処にはいろいろな教訓が秘められているようです。

1. 外国をなめるな。
2. 外国では何とかならないことも多い。
3. 上手にしゃべる必要はないから、どんな手段も恥ずかしがらず、
   コミュニケーションを維持する。
4 .外国の繁華街ではブランド品を身につけた、日本人観光客は鴨(カモ)。
[PR]
by futuregate3 | 2006-05-10 14:53